袴の足元にはブーツが似合う?そのメリットや注意点について解説します!

和装といえば、草履を履くイメージをお持ちの方が多いかもしれません。
しかし、袴の場合は、必ずしも草履である必要はありません。
この記事では、袴の足元にブーツを合わせる際のメリットや注意点をご紹介します。
また、雨の日の足元事情についてもご紹介しますので、ぜひお役立てください。

□袴にブーツを合わせる際のメリットや注意点を解説します!

*袴にブーツを合わせるメリットとは?

1つ目は、レトロで洒落た印象を与えられることです。
草履には味がありますが、ブーツにはカッコ良さと可愛さがあり、その点が魅力でしょう。

2つ目は、スタイルが良く見えることです。
かかとが高いブーツを選ぶと、脚長効果があります。

3つ目は、歩きやすいことです。
草履のように、鼻緒で足が痛むことが無いため、歩きやすいでしょう。

*袴にブーツを合わせる注意点とは?

1つ目は、ブーツを脱いだ際に、袴や振袖とは似合わない防寒対策をしていることです。
防寒対策として、靴下やタイツを履くこと自体には問題はありません。
しかし、ブーツを履いているときには見えない部分が、ブーツを脱ぐことでうっかり見えてしまいます。
脱いだときに慌てないために、派手な色の靴下は避けた方が良いでしょう。

2つ目は、脱いだり履いたりするのが草履より難しいことです。
長い間座ったり移動したりすると、足がむくんでしまうことがあります。
むくんだ足では、ブーツの脱ぎ履きがしにくくなることを意識しておきましょう。

3つ目は、ブーツの紐がほどけたときに困ることです。
結び直すためにしゃがむと、袴や振袖が着崩れてしまわないかと心配してしまうため、結び直すのに一苦労です。
また、袴は足元が見えづらいため、ブーツの紐がほどけていても気づくのが遅くなるでしょう。

□雨の日にはブーツがおすすめ!

袴を着る日に雨が降ることが分かっている場合は、ブーツがおすすめです。
なぜなら、草履で水たまりに足を入れてしまうと、草履や足袋(たび)だけでなく、足も濡れてしまうからです。
しかし、袴を着る日の天気が分からない場合が多いと思いますので、草履を選択する場合は予備の足袋を用意したり、あらかじめブーツを選択したりすると良いでしょう。

□まとめ

この記事では、袴の足元にブーツを合わせる際のメリットや注意点をご紹介しました。
ブーツのメリットは、レトロな印象があり、スタイルが良く見え、歩きやすいことです。
一方で、脱ぎ履きや、紐の結び直しが大変です。
また、雨の日の足元事情についてもご紹介したため、参考にしていただければ幸いです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_contact.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_plan.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_top.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は simg_blog_banner_shop.png です

卒業式の袴の色は印象を左右します!人気色についてご紹介!

袴を選ぶときはまず、どの色が好きで、自分にはどの色が似合うかを考える方が多いと思います。
この記事では、袴の色が与える印象や、卒業式の袴の人気色についてご紹介します。
ぜひ、袴選びにお役立てください。

□袴と振袖の組み合わせを考える際は色がポイントです!

オーソドックスな袴と振袖の組み合わせを2つご紹介します。

1つ目は、似た色の袴と振袖を組み合わせることです。
この組み合わせにより、落ち着いた雰囲気になり、優しい印象を与えるでしょう。
また、似た色を選ぶことで、組み合わせを失敗しにくいです。

2つ目は、正反対の色の袴と振袖を組み合わせることです。
洋服選びでは、正反対の色のものを採り入れるのは、上級者向けのように感じますよね。
しかし、袴選びでは、正反対の色でも組み合わせやすいため、インパクトがある見た目にしたい方にはおすすめです。

□どの色がどのような印象を与える?人気色もご紹介!

赤色・黄色・緑色・青色・紫色・黒色の6色のイメージを順番に解説します。

まずは、王道の赤色です。
断トツの人気色である赤色は、エネルギー溢れ、周りの視線を集めるカラーです。
ピンクに近くなるほど、柔らかい印象を与えるでしょう。

次に、華やかなイメージの黄色です。
黄色は、キラキラと輝き、元気を与えてくれるカラーです。
元気な印象ではありますが、決して子どもっぽくならない黄色は、不思議な色ですよね。

次に、優しいイメージの緑色です。
緑色は、目立たないものの強い印象を与え、クラシックでありモダンでもあるカラーですよね。
上品で、落ち着いた印象を与えたい方におすすめの色です。

次に、清楚なイメージの青色です。
青色は、落ち着いて、大人っぽい雰囲気を醸し出すカラーです。
水色に近くなるほど爽やかな印象を与え、紺色に近くなるほどシックな印象になるでしょう。

次に、エレガントなイメージの紫色です。
紫色は、高貴で、美しい雰囲気を醸し出すカラーです。
鮮やかなものと、渋さのあるものでは与える印象が異なるのも、紫色の特徴でしょう。

最後に、高級なイメージの黒色です。
黒色は、かっこよく強い印象があるため、憧れるカラーですよね。
袴を黒色にすると、振袖の色がより際立つため、メリハリのある印象になります。

□まとめ

この記事では、袴の色が与える印象や、卒業式の袴の人気色についてご紹介しました。
袴や振袖における人気色は赤色ですが、その他の色も素敵なイメージを持っているため、色選びは迷いそうですよね。
卒業袴についてご相談のある方は、お気軽にMaiまでご連絡ください。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_contact.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_plan.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_top.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は simg_blog_banner_shop.png です

袴は身長を考慮してサイズを選択しましょう!適切なサイズか確認するポイントも解説!

適切なサイズの袴を選ぶには、身長を考慮することが大切です。
自分の身長にサイズが合っているときほど洗練された印象になるのは、袴でも洋服でも同じです。
この記事では、どのように袴のサイズを測るかについてや、測ったサイズが適切か否かを確認するときに見るべきポイントについてご紹介します。
ぜひお役立てください。

□袴はどのようにサイズを測る?

袴選びにおいて測るべきサイズは3つあります。
3つの言葉の意味と測り方をマスターし、素敵な袴を身に付けましょう。

*裄丈(ゆきたけ)とは?測り方をご紹介!

裄丈とは、首の付け根から肩までの長さと、肩から手首までの長さの総和のことです。
裄丈は、腕を斜め45度に降ろして測ります。
また、身体に沿わせながら測りましょう。

*袖丈(そでたけ)とは?測り方をご紹介!

袖丈とは、肩から振袖の袖下までの長さのことです。
身体に沿わせて測る裄丈とは異なり、真っすぐに測ります。
中振袖と小振袖のどちらを袴に合わせるかによって、適切な長さが異なるため注意が必要です。

*袴丈(はかまたけ)とは?測り方をご紹介!

袴丈とは、袴の紐がある部分を除く、袴のひだが始まるところから袴の裾までの長さのことです。
まずは、袴の裾がどのあたりにあると良いかを考えましょう。
一般的には、袴の裾がくるぶし辺りにくるようにしますが、草履を合わせるなら少し長く、ブーツを合わせるなら少し短くします。
測るのは、アンダーバストより5cm下から、希望の裾の長さまでです。

□袴が適切なサイズか否かを確認する2つのポイントとは?

1つ目のポイントは、袴の長さです。
袴丈によって、印象が大きく変わります。
くるぶしが全部隠れると、袴の裾を踏んでしまったり、重たい雰囲気を与えたりしてしまいます。
そのため、くるぶしが少し見える程度の長さがちょうど良いでしょう。

2つ目のポイントは、袴の広がり方です。
袴丈がちょうど良い長さの場合、袴のひだが広がりすぎず、すらりとした印象になります。
袴のひだが綺麗になっていないときは、袴丈が合っているかを確認してみましょう。

□まとめ

この記事では、袴のサイズの測り方と、測ったサイズが適切か否かを確認するときに見るべきポイントをご紹介しました。
袴において測るべきサイズは、裄丈・袖丈・袴丈があります。
特に袴丈は、歩きやすさに関わるため、よく確認しておきましょう。
袴について疑問点やご質問がある方は、ぜひMaiまでご連絡ください。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_contact.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_plan.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_top.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は simg_blog_banner_shop.png です

卒業式の袴を検討中の方へ!髪飾りの選び方は大切です!

卒業式で袴を着る場合、髪型やメイクなど、決めることがたくさんありますよね。
特別な日に私らしく輝くためには、袴や着物だけでなく、小物にもとことんこだわっていきましょう。
この記事では、卒業袴を検討中の方に、髪飾りの選び方についてご紹介します。
ぜひ、お役立てください。

□卒業袴には髪飾り選びが重要です!

卒業袴を身につけたら、素敵な写真撮影をしたいですよね。
全身を撮影する場合、頭から爪先までのすべてのバランスが大切です。
上半身のみを撮影する場合、顔周りを明るい印象にするために、華やかな髪飾りをした方が良いでしょう。
つまり、卒業袴には、バランスと華やかさが重要なため、髪飾りの一つ一つにまでこだわりましょう。

□髪飾りの選び方にはどのようなポイントがある?

髪飾りを選ぶ際に気を付けたいポイントは、2つのバランスです。
1つは、卒業袴と髪飾りのバランスを見ることで、もう1つは、髪型と髪飾りのバランスを見ることです。

*卒業袴から髪飾りを選ぶ方法とは?

まずは、袴や着物の色と、髪飾りの色が合っているかどうかが大切です。
基本的に、袴や着物に含まれる色と全く同じ色の髪飾りを使うと、すっきりとした印象になります。
ただ、袴や着物に含まれる色と比べて、濃淡の差異がある色の髪飾りを使うと、良いアクセントになるでしょう。

次に、袴や着物の雰囲気と、髪飾りの雰囲気が合っているかどうかが大切です。
古典的な雰囲気の袴や着物には、つまみ細工やかんざしが、大正ロマン風な袴や着物には、大きなリボンがよく合うでしょう。

また、着物の柄の大きさと、髪飾りの大きさが合っているかどうかが大切です。
柄の大きい着物には、大きな髪飾りや複数の小さな髪飾りが、柄の小さい着物には、小さな髪飾りが合うでしょう。

*髪型から髪飾りを選ぶ方法とは?

髪飾りを選ぶ前に、どのような髪型にするかを考えてみましょう。
ポニーテールやお団子ヘアなどのアップスタイルにする場合、つまみ細工やアートフラワーが合うでしょう。
ハーフアップにする場合、ガーリーで大きなリボンとの相性が抜群です。
そして、巻き髪や編みおろしなどのダウンスタイルには、小さいピンをたくさん使うと可愛いでしょう。

□まとめ

この記事では、卒業袴を検討中の方へ向けて、髪飾りの選び方についてご紹介しました。
袴や着物の色・雰囲気・柄の大きさに合わせて、髪飾りを選ぶことが大切です。
素敵な卒業式にするために、袴決めだけでなく髪飾りにまで入念にご検討してみてはいかがでしょうか。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_contact.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_plan.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_top.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は simg_blog_banner_shop.png です

卒業式の袴姿に最適なメイクとは?メイクする際のポイントについて解説します!

卒業式は、自分史上最高に可愛い自分でこの日を迎えたいですよね。
そのためには、メイクへのこだわりが欠かせません。
そこで今回は、卒業式の袴姿に最適なメイクをする際のポイントについて解説します。
ぜひお役立てください。

□袴姿に映えるメイクの2つのポイントをご紹介!

袴を選べたら、どのようなメイクにするかを考えていきましょう。
ここでは、袴姿に映えるメイクの2つのポイントをご紹介します。

1つ目のポイントは、いつものメイクにプラスアルファの工夫をすることです。
普段着と比べて豪華な卒業袴を着るときは、いつも通りのメイクでは顔だけ印象が薄く感じやすいでしょう。
いつもは使わないゴールドやシルバーのアイライナーを使ってみるのはいかがでしょうか。

2つ目のポイントは、袴に含まれるカラーをメイクに採り入れることです。
袴や振袖が緑色の場合、思い切って緑色のアイシャドウを部分的に使ってみると、個性的かつ統一感のある印象になるでしょう。
袴や振袖がオレンジ色の場合、チークやリップに、オレンジ色寄りの赤色を使うと良いでしょう。

□袴姿にはおすすめできないメイクとは?

洋服には似合うメイクでも、袴姿には似合わないメイクというものが存在します。

1つ目は、日本人顔から離れるメイクです。
シェーディングを使うことで彫が深くなった顔立ちは、和装にはあまり合いません。
また、パッチリ二重より切れ長な目が特徴の日本人顔には、まつ毛のボリュームはそこまで必要ではありません。

2つ目は、濃すぎるメイクです。
ラメやパールを使って派手な顔にするより、透き通るような肌に近づけるメイクの方が、袴姿には合うでしょう。
また、先ほど、いつもは使わないカラーを採り入れるメイクは袴姿に映えるとご紹介しましたが、アクセントカラーは部分的に使用しましょう。
カラーを多用すると、袴もメイクも派手になりすぎて、全体的に騒がしい雰囲気になってしまいます。

3つ目は、つやつやのリップを使ったメイクです。
日本人形を思い出すと、真っ赤でマットな色合いのリップを付けていますよね。
和装には、濃い赤色のリップは合いますが、艶のあるリップはあまり合いません。
そのため、程よくマットなリップを選んでみましょう。

□まとめ

この記事では、卒業式の袴姿に最適なメイクをする際のポイントについて詳しく解説しました。
フワッとしたメイクでは袴に負けてしまいますが、派手すぎるメイクは袴と主張し合ってしまいます。
バランスが難しいところではありますが、自分なりに袴姿に合うメイクを模索してみましょう。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_contact.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_plan.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_top.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は simg_blog_banner_shop.png です

女性の袴の結び方の種類について!着崩れしないためのポイントとともに解説します!

女性にとって、袴を着る機会はあまりありません。
せっかく着るチャンスを得たならば、その日の最後までなるべく着崩れせずに過ごしたいですよね。
そこで今回は、女性の袴が着崩れしないためのポイントとともに、結び方の種類や結ぶ手順について解説します。

□女性の袴の結び方や種類についてご紹介!

男性の袴の結び方には、一文字結び・十文字結び・重ね片結び・駒結びがあります。
一方で、女性の袴の結び方はこれから紹介するものしかないため、その一種類の方法を覚えておけば十分です。

まずは、両脇の下から前へ紐を通します。
その際に、硬い部分が背中にピッタリと密着するように前へ紐を引っ張りましょう。

次に、左胸の下で一結びをします(普通に一度結ぶ)。
緩まらないように、力を込めて結びましょう。

最後に、蝶々結びをします。
もし、蝶々結びをするときに一結びが緩んでくるならば、クリップを使って固定してみましょう。
また、結び終わったあとの紐が長い場合、結び目に巻き付けるように下から幾度か通します。

□着崩れしないためにはどのようなポイントがある?

1つ目のポイントは、自分で着付けできるように練習をしておくことです。
完全に着崩れするまで放っておくのではなく、少しでも着崩れしてきたら、その都度直すことが大切です。
直すには、自分で着付けできるようになっておき、袴がどのような仕組みになっているかを確認しておくことが必要です。
そのために、着付けの専門家にお任せする方もぜひ、自分で着られるようにしておきましょう。

2つ目のポイントは、タオル補正をすることです。
華奢な方は、袴や振袖の着崩れが起きやすいでしょう。
ウエストの少し上や、胸元にタオルを巻くことで、着崩れを起こしにくくできます。
そのため、専門家に袴を着付けしてもらうときは、タオルを忘れずに持っていきましょう。

3つ目のポイントは、袴の下に着る振袖や訪問着をしっかりと着用することです。
振袖や訪問着が乱れていては、袴も綺麗に着られません。
呼吸がしにくくなるほどきつく締める必要はありませんが、振袖や訪問着はしっかりと着付けしましょう。

□まとめ

今回は、女性の袴が着崩れしないためのポイントや、結び方の種類と結ぶ手順について解説しました。
男性の袴と異なり、女性の袴の結び方の種類は基本的に一つしかありません。
また、着崩れしないために、自分で着付けできるようになっておき、タオル補正も忘れずにしておきましょう。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_contact.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_plan.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_top.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は simg_blog_banner_shop.png です

卒業式は袴を着る機会として最適です!そのメリットについてご紹介します!

大学の卒業式といえば、袴を着る女性が多い印象がありますよね。
この記事では、卒業式が袴を着る機会として最適な理由や、袴を着るメリットについてご紹介します。
人生の節目ごとに特別な装いをすることは、気持ちをすっきり切り替えるために大切ですので、ぜひ卒業式で袴を着ることを検討してみてください。

□卒業式は袴を着る機会として最適です!

着物とは和装の総称です。
着物といえば、浴衣・振袖・袴などが挙げられますよね。
浴衣は、お祭りや花火大会で着る方が多く、気軽に着られるイメージがあるでしょう。
また、振袖は、成人式や結婚式の際に着られます。

一方、袴は、卒業式以外で着ることはあまりありません。
卒業式では、スーツ・振袖・袴を着る方が多く、どのような装いで卒業式を迎えるかは迷ってしまいますよね。
もしも人生のうちに一度は袴を着てみたいと思う方は、ぜひ卒業式で袴を着てみるのはいかがでしょうか。

□卒業式で袴を着ることのメリットとは?

卒業式で袴を着ることのメリットを3つご紹介します。

*購入した振袖をもう一度着られるチャンスがある!

成人式のために振袖を購入したものの、着る機会が無く困っている方は多いでしょう。
また、母親の振袖がある場合、そのまましまっておくだけではもったいないですよね。
そのような振袖には、よく合う袴を選んで、卒業式でもう一度着てみましょう。

*思ったよりも動きやすい

動きにくいというのが、着物全体のイメージだと思います。
確かに、洋服に比べて着物は、着慣れていないこともあって動きにくいでしょう。
しかし、袴は浴衣や振袖のように足元がはだけることが無いため、比較的歩きやすい構造です。
立ったり座ったりすることが多く、友人や先生と写真を撮るために移動することも多い卒業式では、動きやすい袴を着ることをおすすめします。

*袴はとにかく可愛い

袴は、古典的×現代風を楽しみやすい着物です。
例えば、袴に草履ではなくブーツを合わせみるのはいかがでしょうか。
髪をまとめずにダウンスタイルにして、かしこまった装いを上手に崩してみるのも良いでしょう。
伝統的な着方はレトロで可愛いものですが、現代風にアレンジすることでさらに可愛く着られるでしょう。

□まとめ

この記事では、卒業式は袴を着る機会として最適な理由や、卒業式で袴を着るメリットについてご紹介しました。
袴は着る機会が少ないため、卒業式こそが袴を着る絶好のチャンスです。
一生に一度の門出の日にこそ、袴を選ぶのはいかがでしょうか。
卒業袴について疑問点やご相談のある方は、ぜひMaiまでご相談ください。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_contact.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_plan.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_top.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は simg_blog_banner_shop.png です

袴のずり落ち防止策についてご紹介!卒業式で着崩れすることなく過ごしましょう!

自分で選んで綺麗に着こなせたはずの袴が崩れてしまっては、晴れの舞台である卒業式に集中できません。
しかし、動いている間に着崩れても、さっと直せたら素敵ですよね。
そこで今回は、袴のずり落ち防止策と、着崩れ時の対処法を解説します。
自分や友人の袴の着崩れ時には、ぜひご紹介する方法で直してみてください。

□袴のずり落ち防止策をシーン別にご紹介!

袴がずり落ちてくるのを防ぐためには、袴の裾を踏んでしまったり、座ったときに下へ引っ張ってしまったりするのを防ぐ必要があります。
これから紹介する3つの防止策を実践し、袴がずり落ちることの無いように気を付けましょう。

まずは、階段を上ったり下りたりするときの防止策です。
袴の腰の位置には隙間があるため、上るときは前側から、下りるときは後ろ側から手を入れて、袴を優しく持ち上げましょう。

次に、車に乗ったり車から降りたりするときの防止策です。
乗るときはお尻から座り、降りるときは足から降ろします。
その際、浅めに腰掛けることで、袴にしわが付きにくく、着崩れずに済みます。

そして、椅子に座るときの防止策です。
手を袴の横から後ろに入れて、優しく持ち上げてから座ります。
また、車に乗るときと同様に、深く腰を掛けないことを意識しましょう。

□袴の着崩れ時はどのように対処すべき?

袴がずり落ちてこないように策を講じても、着慣れていない場合は袴を着崩してしまうことがあります。
ここでは、袴の紐が緩んできたときと、袴がずり落ちてきたときの対処法を解説します。

袴の紐が緩んできたときは、どのように対処すべきでしょうか。
まずは、袴の高さを調整しましょう。
次に、紐を一度結んでから(一結び)、蝶々結びをします。
紐が余ってしまった場合は、長い方を結び目の裏側へ下から通し、上に出た紐を結び目に被せます。

袴がずり落ちてきたときは、どのように対処すべきでしょうか。
可能であれば、袴の紐を全部ほどいてから結び直します。
これは一人ではなかなか難しいため、できない場合は、着物を下に引っ張りながら、袴と帯の両方を同時に上に引っ張ります。
これで袴が正しい位置に戻るため、あとは袴の紐が緩んできたと同じように、紐を結びましょう。

□まとめ

この記事では、袴のずり落ち防止法と、着崩れ時の対処法について解説しました。
着崩れしやすいのは、階段・車・椅子を使うときですので、これらの動作を行うときは特に気を付けましょう。
袴を綺麗に着こなせるように万全の態勢を整えることで、素敵な卒業式が迎えられると良いですね。

袴の印象を左右する色の組み合わせについておすすめのコーディネートをご紹介!

「袴の色の組み合わせはどのように考えればいいのかな」
このようにお考えの方は多数いらっしゃるでしょう。
袴と着物の色の組み合わせは難しいため簡単には決められません。
今回は、おすすめの配色コーディネートと袴の色で雰囲気を出すためのポイントについてご紹介します。

□おすすめの配色コーディネートとは

ここでは、おすすめの配色コーディネートについてご紹介します。

基本の配色コーディネートは、同系色か反対色に分かれます。
例えば、同系色のコーディネートで進めるとすれば、紺色の袴に水色の着物を合わせたり、えんじ色の袴にピンク色の着物を合わせたりするなどです。
それに対して、反対色で進めるとすれば、緑色の袴に赤色の着物を合わせるようにします。

どのようなイメージに仕上げたいかによってこれらのどちらを選ぶかが決まるため、イメージを固めておくようにしましょう。

同系色コーディネートでは、スッキリとした印象になるため、比較的上品で落ち着いた仕上がりを期待できます。
この際に色選びをどうするかによってもイメージが大きく変わります。
寒色系を選ぶことで大人っぽくクールな印象に、暖色系を選ぶと優しくふんわりとした印象に仕上がるでしょう。
同系色コーディネートは、普段からシンプルな服装をされている方に非常におすすめです。

反対色コーディネートでは、メリハリが全体に生まれるため、活発で華やかな仕上がりを期待できます。
反対色を組み合わせることで、両方の色がパッと強調されるため、同系色のコーディネートに比べて強いインパクトを与えられます。
普段では組み合わせると合わない色同士であっても、着物と袴になったとたんしっくりとくる面白さも感じられます。

以上がおすすめの配色コーディネートについてでした。

□袴の色で雰囲気を出すためのポイントとは

ここでは、袴の色別で雰囲気を出すためのポイントについてご紹介します。

まず、黒系の袴にする場合のポイントについてです。
大人っぽい引き締まったイメージを演出したい場合には黒系の袴がおすすめです。
この場合のポイントは、明るい色選びにし、着物の色を引き立てる黒系の袴の良さを活かすことです。
中振袖のように袖の長いものより、訪問着や小振袖を合わせて軽いイメージにしてあげるとバランスが良くなるでしょう。

次に、白やベージュ系の袴にする場合のポイントについてです。
白やベージュ系の袴は、清楚でピュアな雰囲気を演出します。
基本的にどの色でも合わせやすいですが、袴自体の明度が高くなるため、着物は比較的暗い色で合わせるようにしましょう。

以上が袴の色で雰囲気を出すためのポイントについてでした。

□まとめ

おすすめの配色コーディネートと袴の色で雰囲気を出すためのポイントについてご紹介しました。
黒系の袴であれば明るい色の着物を合わせ、白系の袴であれば暗い系の色の着物を合わせると上手くいきやすいですよ。
Maiでは袴や着物のレンタルサービスをご提供しております。
気になる方はぜひ当社までお問い合わせください。

卒業式に袴に合わせるのに適したバッグとは?選び方についてご紹介!

「卒業式の袴に合わせるバッグはどのようなものが良いのかな」
「普段使いのバッグを卒業式に持っていっても良いのかな」
このようにお考えの方は多数いらっしゃるでしょう。
卒業式の袴選びとバッグ選びは後悔のないものにしたいですよね。
そこで今回は、卒業式の袴に合わせるバッグの基本と選び方についてご紹介します。

□卒業式の袴に合わせるバッグは?

ここでは卒業式の袴に合わせるバッグについてご紹介します。

このカバンでなければならないという決まりは特に決められていないため、普段使いの物を使ってもかまいません。
しかし、せっかくの卒業式という特別な日ですので、カバンもできる限り袴に合わせるのに適したバッグにしたいですよね。

一般的に卒業式の袴に合わせるバッグとして用いられるのは、振袖用着物バッグ、または巾着のバッグです。
振袖用着物バッグや巾着が古臭くて嫌だという方であれば、レザーバッグがおすすめです。
華やかな着物と袴姿である場合、レザーバッグの持ち手にあるチェーンが映えるため、意外と袴と上手くマッチします。

ただ、基本的には振袖用着物バッグや巾着にした方が、着物や袴にマッチして大人らしい落ち着いた雰囲気を醸し出せるためおすすめです。

以上が卒業式の袴に合わせるバッグについてでした。

□卒業式の袴に合わせるバッグの選び方とは?

ここでは、袴に合わせるバッグの選び方をご紹介します。
袴に合わせるバッグの選び方のポイントは2つあります。

1つ目のポイントは、できる限り小さめのバッグにすることです。
これは、洋装か和装かに関わらず言えることで、袴を着る場合は小さめのバッグを合わせるのがおすすめです。
カバンが小さいほうが袴の上品なイメージを崩さずに活かせるためです。

2つ目のポイントは、着物や袴の柄と同じような柄や色味にすることです。
バッグ柄や色味は極力着物や袴に近づけることで、着物や袴にマッチしやすくなります。
カバンをアクセントとして用いたい場合は、全体の色と合わせるのではなく、帯の部分の色に合わせることでカバンと帯をアクセントにできます。

以上が袴に合わせるバッグの選び方のポイントについてでした。

□まとめ

今回は、卒業式の袴に合わせるバッグの基本と選び方についてご紹介しました。
Maiでは着物や袴のレンタルサービスをご提供しております。
卒業式の着物や袴、バッグに関するご相談も受け付けておりますので、ぜひお問い合わせください。